大阪府訪問看護ネットワーク事業

大阪府訪問看護ネットワーク事業費補助金交付要綱

大阪府訪問看護ネットワーク事業申請書関係書類 Excel Word

大阪府訪問看護ネットワーク事業報告書関係書類 Excel Word

相互連携事業

相互連携事業とは・・・

訪問看護ステーションと他のステーション、介護事業所、医療機関等、相互と連携する事業を実施した場合の支援を行います。
補助金は30万円を上限に1/2補助を補助します。

平成29年度

○募集案内 リーフレット

○申請書 補助金交付申請書  所要額調書
 収支予定明細書  施設整備個票
 相互連携人件費個票  事務職雇用経費
 研修代替雇用経費  ネットワーク事業計画書

平成28年度の書類一覧はこちら
平成27年度の書類一覧はこちら

○募集期間  
第1次  平成27年 6月16日〜平成27年 6月30日
第2次  平成27年 7月 1日〜平成27年 7月14日
第3次  平成27年 7月15日〜平成27年 7月31日
第4次  平成27年 8月 1日〜平成27年 8月15日
第5次  平成27年 8月16日〜平成27年 8月31日
第6次  平成27年 9月 1日〜平成27年 9月15日
第7次  平成27年 9月16日〜平成27年 9月30日
第8次  平成27年10月 1日〜平成27年10月 1日
第9次  平成27年10月16日〜平成27年10月31日
第10次  平成27年11月 1日〜平成27年11月15日
第11次  平成27年11月16日〜平成27年11月30日
第12次  平成27年12月 1日〜平成27年12月15日

○募集要項  要項
          申請書 申請書(計画) 申請書(予算)

○申請書・事業計画案(例) 記載見本

○モデル申請書  PDF Word

○募集案内  リーフレット

○報告書   事業実施及び報告における留意事項
         領収書について
         報告書一式【記載見本あり】
       ◆下記より各様式がダウンロードできます。

       

@ 実績報告書(別表2第2号様式)
A 補助金交付請求書(別表2第3号様式)
B 実績報告書(別表2第2号様式の2)
C 交付金振込申請書
D 所要額清算書内訳 総括表 (別表2様式 2)
E -1 所要額清算書内訳 備品購入費 (別表2様式 2−1)
  -2 備品購入実績 (別表2様式 2−1−2)
F -1 所要額清算書内訳 人件費等 (別表2様式 2−3)
  -2 所要額清算書内訳 個表 (別表2様式 2−3−2)
G 対象経費の実支出額算出内訳  (別表2様式 2−3−3)

○H26年度実績  
・大阪府下89事業所申請→補助金交付83事業所
・主な効果としては

  1. 地域での共同パンフレット作成や研修会、相談会の開催等、訪問看護の役割を他職種の方にも理解してもらえる機会となり 利用者の増加に繋がった。
  2. 事務担当職員を配置することにより、外部機関との連携が円滑に行え、緊急時や夜間・休日のオンコール体制が充実した。
  3. PC導入や電動自転車の購入により、ST間や医療機関等 外部機関とのスムーズで正確な情報の伝達・共有が可能となった。
  4. 小規模である訪問看護ステーションが、共同事業・交流を行うことにより市区町村単位で相互ネットワークが強化され、ステーション運営に必要な知識や技術の共有が図れた。

訪問看護ステーション規模拡大推進事業

訪問看護推進事業(大阪府のサイトに移ります)

申請書記入見本

訪問看護連携システム導入支援事業

○募集案内 モバイル体験会

○申請書 補助金交付申請書  所要額調書内訳
 事業収支予定明細書  ネットワーク事業計画書

事務職員等の雇用支援事業

○申請書 補助金交付申請書  所要額調書内訳
 事業収支予定明細書  所要額内訳
 ネットワーク事業計画書

特定行為研修等の代替職員確保支援事業

○募集案内  リーフレット

○申請書 補助金交付申請書  所要額調書内訳
 事業収支予定明細書  所要額内訳
 ネットワーク事業計画書  研修計画書

平成28年度の書類はこちら

事務職員等の雇用支援事業

○申請書 補助金交付申請書  所要額調書内訳
 事業収支予定明細書  所要額内訳
 ネットワーク事業計画書

訪問看護連携システム導入支援事業

○募集案内 モバイル体験会

○申請書 補助金交付申請書  所要額調書内訳
 事業収支予定明細書  ネットワーク事業計画書

特定行為研修等の代替職員確保支援事業

○募集案内  リーフレット

○申請書 補助金交付申請書  所要額調書内訳
 事業収支予定明細書  所要額内訳
 ネットワーク事業計画書

産休等代替職員確保支援事業

産休等代替職員確保支援事業とは・・・

訪問看護ステーションに勤務する看護職員が出産、育児、又は、介護のため長期にわたって休暇を必要とする場合に、当該職員が復帰するまでの代替職員の雇用の支援を行います。
代替職員の雇用賃金2,000円/Hを上限に1/2補助します。
(2/Wの職員が代替職員として4/Wに雇用を増やした場合なども対象となります。)

平成29年度

○募集案内 リーフレット

平成28年度の書類一覧はこちら

平成28年度

○募集案内 リーフレット

28年度産休等代替職員確保支援事業の受付は締め切りました。

平成27年度の書類一覧はこちら

○H26年度実績  
・5事業所8件の申請及び補助金交付 (内訳:産休3件、育休5件)
・主な効果としては

  1. 休暇期間中の代替職員の雇用についての就業規則等の整備が図られた。
  2. 早期に代替職員を雇用することで、他の職員への業務負担も軽減でき、また利用者に対して支障なくサービス提供ができた。
  3. 休暇を取得する職員に対しても代替職員を雇用することで、休むことに対しての精神的負担をかけることなく、安心して休暇を取得することが可能となった。

 

インターンシップ事業

インターンシップ事業とは・・・

本事業では看護学生を対象に、訪問看護ステーションへの一日訪問看護体験や各種イベントを実施、教育プログラムの作成などを行っています。
看護学生が訪問看護に興味を持てるよう支援しています。

平成29年度

○募集案内 訪問看護就職リファレンス・セミナー
新卒訪問看護師育成セミナー

○H29年度実績

リーフレット
一日職場体験受け入れステーション募集案内

○H28年度実績

・1日職場体験:平成28年7月〜 実施 リーフレット
・「訪問看護WORLD」セミナー開催  平成28年8月11日
・「新卒訪問看護師育成事業セミナー」 開催  平成29年1月7日
・「訪問看護就職リファレンス・セミナー」開催  平成29年3月11日

○H27年度実績
・1日職場体験:平成27年4月〜12月 46養成校約300名が実施予定
・「訪問看護WORLD」セミナー開催  平成27年8月5日
・第2回「訪問看護WORLD」セミナー開催 平成28年3月12日

○H26年度実績  
・1日職場体験:平成27年1月〜3月 3養成校7名が6STで実施
・「訪問看護師の世界」セミナー開催  平成27年3月16日
H26年度募集要項

新任訪問看護職員育成事業